ニュースβ版

船室には30日分の食糧や水、行灯の油だけ 生還するあてのない過酷な航海「補陀落渡海」とは

南方の海上にあると信じられた、補陀落浄土(ふだらくじょうど)を目指して、大海原に船を出す。観音信仰の...
... 全文を読む

(まいどなニュース 9/20)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。