ニュースβ版

【ヒューリック杯棋聖戦決勝T】永瀬二冠が4強進出、1番乗り

 将棋の渡辺明棋聖(35)への挑戦権を争う第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント準々決勝、永瀬拓矢二冠(27)=叡王・王座=対高見泰地七段(26)が26日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、後手の永瀬二冠が150手で勝ち、ベスト4進出を決めた。永瀬二冠は準決勝で、三浦弘行九段(46)対山崎隆之八段(39)の勝者と対戦する。

 永瀬二冠は横浜市出身。安恵照剛八段門下で平成21年、四段昇段。タイトル戦登場は4回で、獲得は叡王1期、王座1期の計2期。一般棋戦
... 全文を読む

(産経新聞 3/26)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。