ニュースβ版

性的動画流出で断念=与党のパリ市長候補―仏大統領に大打撃

 【パリ時事】3月15日投票のフランス地方選で、与党のパリ市長候補になる予定だったグリボー前政府報道官は14日、自身の性的動画が中傷目的でインターネット上に流されたとして、出馬断念を表明した。与党「共和国前進」は、代わりの候補選定を急ぐが、マクロン大統領には大打撃だ。
 グリボー氏は14日、ビデオ声明を発表し「これ以上家族や私自身を(好奇の目に)さらしたくない」と強調。出馬断念について「犠牲を伴う決断だが、私の優先順位は家族だ」と支持者に理解を求めた。
 仏紙
... 全文を読む

(時事通信社 2/15)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。