ニュースβ版

外務省、温州市への渡航中止を勧告 政府「専門家会議」設置へ 新型肺炎

 政府は14日、新型肺炎の対策本部会合を首相官邸で開き、同本部の下に感染症の有識者で構成する「専門家会議」を設置すると決めた。対策本部長の安倍晋三首相は会合で「これまで以上に医学的な知見を踏まえた検討を進めていくため、第一線で活躍する専門家を構成員とする」と説明。会議には12人の有識者が参加し、効果的な対策などの提言を行う見通しだ。

 また、外務省は14日、浙江省温州市の感染症危険情報を「レベル2」(不要不急の渡航自粛)から、深刻な感染拡大が起きている武漢市
... 全文を読む

(毎日新聞社 2/15)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。