ニュースβ版

規制委、原電に元データ要求 データ無断書き換えで「信用できない」 敦賀2号機

 日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の再稼働に向けた原子力規制委員会の安全審査を巡り、原電が審査資料の地質データを無断で書き換えたり削除したりしていた問題で、規制委の審査チームは14日、資料のもとになった地質調査データを全て提出するよう原電に求めた。規制委が電力会社に資料の元データを要求するのは異例で、「書き換えなどで審査資料が信用できなくなったため」としている。

 元データは、原電の発注で掘削調査を行った業者が作成したもの。無断書き換えや削除の理由につ
... 全文を読む

(毎日新聞社 2/15)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。