ニュースβ版

新幹線殺傷公判「首切り落とそうと思った」

 昨年6月、東海道新幹線で乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人や殺人未遂の罪に問われた無職、小島一朗被告(23)の裁判員裁判の第2回公判が3日、横浜地裁小田原支部(佐脇有紀裁判長)で開かれた。被告人質問で小島被告は「(被害者の)首を切り落とそうと思って、集中的にねらった」などと殺害時の状況を語った。

 小島被告は弁護側の質問に、長野県内でホームレス生活をしていた昨年3月中旬から犯行の計画を立てたとし、「刑務所に入るのが子供の頃からの夢だった。餓死するのでは
... 全文を読む

(産経新聞 12/3)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。