ニュースβ版

石綿被害・福岡訴訟 国が上告断念へ 遅延損害金起算日巡り敗訴続き

 アスベスト(石綿)が原因で肺がんを発症した北九州市の男性が国に損害賠償を求めた訴訟で、賠償金の利息にあたる遅延損害金の起算日を「医師の診断日」と判断し「労災認定日」とする国の主張を退けた9月の福岡高裁判決について、国は10日、上告を断念する方針を固めた。全国の同様の訴訟で、国の敗訴が相次いでいるためとみられ、今後の補償のあり方に影響を与える可能性がある。

 石綿の健康被害については、国の責任を認めた2014年10月の「泉南アスベスト訴訟」の最高裁判決以降、
... 全文を読む

(毎日新聞社 10/10)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。