ニュースβ版

セブン&アイHD 約3000人削減へ

セブン&アイ・ホールディングスは、スマホ決済「セブン・ペイ」の不正利用問題の責任をとり、グループトップらが役員報酬の一部を返上すると発表した。
セブン・ペイは、セキュリティーの甘さから不正利用が相次ぎ、サービス開始からわずか4日で事実上サービスを停止した。この問題の責任をとり、グループトップの井阪社長らが役員報酬の一部を3か月間返上する。
また、不正利用が発覚した際の会見で、二段階認証を説明できなかったセブン・ペイ社の小林社長は10日付で退任する。
一方、傘下
... 全文を読む

((c)日テレNEWS24 10/10)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。