ニュースβ版

2歳息子のかわいい言い間違いを聞きたくて「もう一回言って」 母の反省と葛藤を描いた漫画に「分かりすぎてつらい」の声


 子どもの成長を喜びたい一方で、抑えきれない寂しさを感じることがある……。そんな複雑な心境に悶絶する漫画がInstagramに投稿されています。



【画像】漫画を読む



 漫画の作者のさてよ(@sateyo3)さんは、プログラマーとして働きながら副業でイラストレーターをしています。今回は、2018年生まれの息子・ななみ君の言い間違いに関するエピソード。息子がうれしくも寂しい……という複雑な親心を漫画にしました。



 微笑ましくてかわいい、小さな子どもの言い間違い。2歳のななみ君はまだ上手に発音ができず、しゃぼんだまはしゃぼんばな、ポップコーンはポップポーンになってしまいます。



 ななみくんのかわいい言い間違いを聞きたくて、ついつい「もう一回言って?」とせがんでしまうさてよさん。すると、ママの様子に何かを察したななみ君は、わざと言い間違いをするようになってしまいます。そんな息子の姿を見て、さてよさんは「何度もニヤニヤして言わされたら嫌だよね」と自分の行動を反省したのでした。



 しかし後日、さてよさんはななみ君の新たな言い間違い「こんきゃく(こんにゃく)」に遭遇してしまいます。かわいい「こんきゃく」をもう一度聞きたい……さてよさんは、心の中で叫びつつ、以前と同じ間違いをしてはいけないと葛藤します。



 こみ上げる想いを抑えながら、こんにゃくについての会話をすることで、自然な流れで「こんきゃく」を引き出すことに成功するさてよさん。今日はあと2回は聞けるかな……とほくそ笑んだその瞬間!! ななみ君は急に「こんにゃくたべたい」と正しい発音で話しだしたのです。



 子どもは急に、大人の階段を上ってしまうもの。諦めきれないさてよさんは、ダメ元で「こんにゃく欲しいの?」と聞いてみますが、ななみ君ははっきりと「こんにゃくほしい」とお返事。正しい言葉をすっかりマスターしてしまったのでした。



 うれしいはずの子どもの成長が、さみしく感じてしまう育児あるあるに、コメント欄は「わかりすぎてつらいとはこれだわ」「わ、か、る」といったママからのコメントで盛り上がりを見せています。



 さてよさんのInstagramでは、この他にもななみ君のエピソード漫画など、オリジナルの漫画作品を公開中です。



画像提供:さてよさん(@sateyo3)さん



●関連記事
【画像】漫画をまとめて読む
妻の不審な行動を怪しむ夫、その真相は…… “400億の男”に沼落ちした妻と困惑する夫の漫画がまさかのオチ
息子が保育園でもらってきた軽い病気が、大人にうつると“凶悪化”する謎 ママが描く体験漫画に「わかりみが凄い」とうなずいてしまう
小3女子がクールな「全身ブラックコーデ」で登校、その理由は? おしゃれ好きならではの合理的な考え方に「賢い」「えらーい!」と称賛の声が集まる
子どもを「家事体験ツアー」に招待してみた 「家のことはみんなで協力」を伝えるのは難しい

(ねとらぼ 07/27 08:40)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。