ニュースβ版

嵐 奉祝曲披露…雅子さま右手で頬の涙ぬぐわれる


 万歳三唱に合わせちょうちんを掲げて応えられる天皇、皇后両陛下=皇居(撮影・棚橋慶太)

 人気アイドルグループ・嵐が9日、皇居前広場で開かれた「天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典」で、この日のために作られた奉祝曲「Ray of Water」(作詞・岡田惠和、作曲・菅野よう子)をピアニスト・辻井伸行さんらの演奏で披露した。

 白いコート姿の皇后雅子さまの目には涙。歌唱の終盤に左の頬を、演奏が終わると、拍手の後、右手で右の頬の涙をそっとぬぐわれた。

 会場には、招待客を含む約3万人が集まり、両陛下を祝福した。

●関連記事
V6の妻が豪華すぎとネット話題 「嫁6」結成熱望も
メンバー山口 ギャラは月に2万8千円、月に20日はアルバイト
大野智が嵐を辞めたがっていた…松潤が解散危機を激白

(デイリースポーツ 11/09 18:49)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。