ニュースβ版

関空で一時滑走路を閉鎖 一部の便に影響も


9日朝、関西空港でドローンのようなものが目撃され、滑走路が一時閉鎖された。一部の便に影響が出ている。
運営会社によると、9日午前8時15分ごろ、第2ターミナルの地上作業員から「ドローンらしきものを目撃した」と通報があった。関西空港では2本ある滑走路をおよそ1時間にわたって閉鎖したが、ドローンは見つからなかった。
運航は1時間15分後に再開されたが、この影響で17便が伊丹空港などに着陸を変更するなど、影響が出ている。
関西空港では7日夜や先月19日にもドローンの目撃情報で滑走路を閉鎖していて、警察が関連を調べている。

((c)日テレNEWS24 11/09 15:15)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。