ニュースβ版

攻撃受けたタンカー、都内の海運会社が借りる 乗組員フィリピン人21人避難

 東京都内の海運会社「国華産業」は、ホルムズ海峡で攻撃を受けたタンカーは、同社が運航する船と明らかにした。

 同社によると、タンカーはパナマにある同社の子会社が借りている。攻撃を受けたタンカーはサウジアラビアを出発し、シンガポールやタイなどに向けて荷物を運んでいた。日本時間の13日正午ごろと、午後3時ごろの2回襲撃を受けたという。

 国土交通省と同社によると、ホルムズ海峡で攻撃された船の乗組員はフィリピン人21人で、救命艇で全員避難し、全員無事。アラブ首長国連邦(UAE)に向かっている。邦人はいなかった。

 同省によると、ホルムズ海峡の攻撃では、ノルウェーの関係船も被害に遭ったとの情報がある。詳しい場所は不明という。

●関連記事
手詰り状態深まるイラン 41年ぶり首相訪問
ロウハニ大統領「米が経済的な戦争」
イラン首都テヘラン「米国は交渉で敬意持て」
イランは最高指導者が絶対権力 大統領は行政の長
イラン、安倍首相との会談で時間稼ぎ

(産経新聞 06/13 18:50)


写真ニュース

    ※本ウェブサイトに掲載されるコンテンツをいかなる方法によっても複製、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案その他の利用をすることはできないものとします。